teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/52 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

竹の台高校陸上部

 投稿者:高橋哲夫  投稿日:2020年10月10日(土)20時12分55秒
  通報 返信・引用
  私は昭和38年卒業の15回生です。昭和35年に入学した1年次では写真部に入部しました。そして運動会後3年生が二人で私の元に来られ陸上部に入部する様進められました。当時陸上部員は3年二人と1年一人の3名で廃部寸前でした。私は少し脚力には自信がありましたので快く受けさせて頂き入部する事になりました。やはり脚力のあった徐君=(本田)さんに声を掛けて入部して頂きました。そして1年3学期に主将になり3年3学期迄2年間主将を務め2年時では新1年生に陸上部入部の勧誘活動をして岡田君初め5名以上の入部が決まりましたがグラウンドはほぼ野球部に占領されていたので千駄ヶ谷の陸上競技サブトラックで練習する事にしてほぼ毎日皆で通いました。そこには陸上の一流校が練習に来ていてみんな負けじと頑張りました。唯毎日の交通費が大変で回数券でキセル乗車をしましたが暫くして捕まり全員駅長室迄連行されましたが私が事情を説明し全て主将としての私の責任である事で部員には責任が無いと言うと駅長さんは私に二度とキセルはしない誓約書を書く様言われ書く事で許して下さいました。色々な経験をしながら3年時には更に部員を増やし3学期主将を引退そして卒業時には十数名、卒業後の新一年生を含めると確か20名近くになったと思います。私は卒業後青山学院大学に入学しハイキングやダンスを楽しむ遊びのクラブに入部しましたが何か物足りなく3年時にレスリング部を1年生の桑内君と創部し初代主将になりお情けですがメキシコオリンピックの第一次強化合宿に参加させて頂きました。当時空手部には渡哲也さんが在籍中で一緒に卒業し私はレスリング部主将として大学体育会会長から感謝状を卒業式で頂きました。そして卒業後はOB会会長となり暫くすると竹の台陸上部OBの会合があり私が初代OB会会長になりましたがオイルショックとその後の業界の斜陽化で父親の会社を整理し竹の台も青山も足が遠のき現在に至りました。一時総額5億7千万円の借金を背負いましたが後一息と言う所です。


 
 
》記事一覧表示

新着順:3/52 《前のページ | 次のページ》
/52