teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


郷土資料館ロビー展「昔なつかしえべつ昭和レトロ館」

 投稿者:村田譲  投稿日:2018年12月16日(日)10時40分0秒
  開催地:江別市郷土資料館
期 間:2018年12月15日~2019年03月24日
料 金:無料 ※常設展示観覧は有料

昭和期の江別の街並みの移り変わりを、写真パネルで。レトロな家具や家電を
展示した再現コーナー、けん玉やコマなどのおもちゃを体験できるコーナーも。

https://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/site/kyouiku/3022.html

 
 

フェルメールとレンブラント オランダの2大巨匠展

 投稿者:村田譲  投稿日:2018年12月15日(土)09時24分24秒
  会 期:12月8日~2019年1月6日
    前期は12月22日まで、後期は12月23日~2019年1月6日 10:00~17:00
会 場:札幌エスタ 11階プラニスホール
入場料:一般 / 800円

作品は「リ・クリエイト」によるもので、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」
「マリアとマルタの家のキリスト」「二人の紳士と女」「レースを編む女」など全
37作品。レンブラントの「夜警」「失神した人(嗅覚)」「聖ステファヌスの石刑」
「赤い帽子をかぶったサスキア」など全30作品の画像データを、最新のデジタルリ
マスタリング技術により、当時の色調とテクスチャーで再創造した原寸大の「リ・
クリエイト」で展示。前期・後期に分けて展示作品の入れ替えを行う。

https://msbrain.net/vermeerrembrandt/

 

冬休み博物館体験その1 旭川百物語

 投稿者:村田譲  投稿日:2018年12月15日(土)07時55分42秒
  旭川のちょっと怖い(?)話を学芸員が紹介する。
だれでも参加可能。
小学3年生以下は要保護者同伴。事前申し込み不要。

開催地:旭川市博物館
日 時:2018年12月23日(日) 13:30~15:00

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/hakubutukan/

 

北海道四季の風景

 投稿者:村田譲  投稿日:2018年12月 9日(日)09時04分58秒
  ・・・大本靖の版画でたどる 北海道四季の風景・・・
小樽に生まれ、札幌に育った大本靖(おおもと・やすし)(1926~2014)
は、独学で版画を学び、北海道の自然をテーマに制作。特に多色刷木版の
印象的な構図と深みのある色調で、自然の雄大なスケール感と繊細を表現
した。

会 期:2018年12月1日(土)~2019年1月20日(日)
    休館日・月曜日・但し、12月24日(月)、1月14日(月)開館、
        12月25日(火)、1月15日(火)
        および12月29日(土)~1月3日(木)休館
会場:北海道立文学館
   入場無料

http://www.h-bungaku.or.jp/index.html

 

モエレのホワイトクリスマス

 投稿者:村田譲  投稿日:2018年12月 8日(土)17時00分23秒
  モエレ沼公園では、ガラスのピラミッドが完成した2003年の冬から、毎年
クリスマスイベントを開催。札幌市内のアマ・プロバンド約15組が出演。

開催日:2018年12月22日(土)~24日(月) 13:00~17:00
開催地:モエレ沼公園
料 金:一般300円  ※22日はプレイベントで無料
問合先:モエレ沼公園管理事務所 011-790-1231  

http://moerenumapark.jp/

 

ふたご座流星群観望会

 投稿者:村田譲  投稿日:2018年12月 8日(土)16時59分38秒
  この時期活動のピークを迎えるふたご座流星群を観察する。
今年、最も流れ星が多いと予想される日時は12月14日午後9時頃(1時間に約70個)
、その前後の夜には流れ星も多い。

期 間:2018年12月13日~2018年12月15日 19:30~21:30
    開館時間:13:00~21:30
    空が完全に暗くなる時間:17:30頃~、説明会:19:30~
開催地:りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)
料 金:参加無料(別途入館料・昼間:大人300円 夜間:大人500円)
問合先:りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台) 0156-27-8100

https://www.rikubetsu.jp/tenmon/

 

第38回さっぽろホワイトイルミネーション

 投稿者:村田譲  投稿日:2018年12月 4日(火)21時50分11秒
  期 間:2018年11月22日~2019年3月14日 16:30~22:00
    大通会場:2018年11月22日(木)~12月25日(火)
    駅前通会場:2018年11月22日(木)~2019年2月11日(月・祝)
    南一条通会場・札幌市北3条広場(アカプラ)会場・札幌駅南口駅前広場会場
        :2018年11月22日(木)~2019年3月14日(木)

昭和56年、大通公園西2丁目広場から約1千個の電球で始まったイルミネーションは、
年々規模、内容を充実し、国内を代表するイベントに成長した。
開催期間は会場によって異なる。

http://white-illumination.jp/

 

タカシマアイヌを描いた絵巻物

 投稿者:村田譲  投稿日:2018年12月 2日(日)18時46分27秒
編集済
  江戸の砲術師、井上貫流左衛門(1740~1812)(筆名・白髭翁戯(しらひげ
おうぎ))が、1808年(文化5年)に蝦夷地警備のため2カ月滞在した高島
・祝津周辺で描いたもの。縦約30センチ、横約8メートル40センチ。
脚色された絵師のアイヌ絵とは異なり、写実的に描かれた21の色鮮やかな絵
から当時の「タカシマアイヌ」が描かれている。

後期:2018年11月17日(土)~2019年1月10日(木)9:30~17:00
会場:運河館・第一展示室
料金:入館料のみ

https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/museum/exhibition_ironai.html

 

宮沢賢治『物語りの世界』展

 投稿者:村田譲  投稿日:2018年12月 1日(土)11時08分23秒
  ようこそ「宮沢賢治『物語りの世界』展」開催中
文学はまず読んでから、そして作者(この場合は賢治)の世界観を、意志を
作品の中から読み取ってほしい。神格化することへの危険な風潮を考えつつ

期 間:12月22日まで 10:00-17:00(休・祝日開館 / 翌日閉館)
会 場:室蘭市港の文学館
 

小樽ゆき物語

 投稿者:村田譲  投稿日:2018年11月29日(木)22時09分12秒
  小樽の街並みをさらに幻想的に演出する小樽ならではの「浮き玉ツリー」や
「青の運河」などのイルミネーションや「キャンドル・バー」、「ガラスアート
キャラリー」など

期 間:開催中~2019年2月17日迄
開催地:運河プラザ、小樽駅、小樽運河など 市内各所  

https://www.snowstory.info/

 

レンタル掲示板
/331