teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/746 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: Re: Re: Re: 森友文書について

 投稿者:崎田和香子  投稿日:2018年 4月 6日(金)10時03分36秒
  通報 返信・引用
  > No.2586[元記事へ]

通りすがりさんへのお返事です。

森友問題は、次々に新情報が入って来て、なかなか真相がわかりにくい事件ですが、その分ネットが盛り上がるのでしょうね。

さて、財務省の〈何らかの理由〉の件ですが、
> つまり「籠池氏が「ボウリング調査の結果、地盤に問題が有る」と財務局を訪れた」のは本当だが、その規模は8億円の値引きには到底及ばなかった。
ではなぜ、8億円の値引きには到底及ばないのに、8億円を値引きしたのでしょう?

> 或いは、正確な規模を把握しないまま籠池氏側の主張を鵜呑みにしてしまい、実際に撤去作業を行ったのかすら確認していなかった。
8億円という金額から考えて、確認もせずに籠池氏側の主張を鵜呑みにし、実際に撤去作業を行ったのかすら確認しないというのは不自然です。
以上2点から考えると「財務省には8億円を値引きする根拠がないのに値引きしたという自覚があった」と考えた方が自然です。

> 当初の「安倍総理からの働きかけがあったんじゃないか?」という疑惑こそ晴れましたが、
佐川さんは、国会での「佐川さん、あるいは理財局に対して安倍総理からの指示はありませんでしたね?」という自民党の丸川議員の質問に対して「ございませんでした」と答えているのですが、佐川さんが理財局長に就任したのは2016年6月17日。
8億円値引きした売買契約が締結されたのは、その3日後の6月20日。
つまり佐川さんが理財局長になった時点では、売買契約の締結はほぼ決定していたわけです。
意地の悪い言い方をすれば、仮に、佐川さんが国会で「安倍総理からの指示はなかった」と証言したのちに実は安倍総理からの指示があったということになっても「自分は指示は受けなかった。前任者の時のことは知らなかった」と言い訳ができる立場なのです。
これが野党が「佐川さんの前任者である迫田さんを証人に呼べ」と言っている根拠です。
私もさっさと迫田さんが国会で「自分も安倍総理からの働きかけを受けなかった」と証言してくれればすっきりすると思うのですが。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/746 《前のページ | 次のページ》
/746