teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


麦っこ 286 投句

 投稿者:太郎  投稿日:2017年 6月23日(金)21時31分16秒
  夏料理女将の筆のやまと歌

尺蠖の上りつめたる遠青嶺

河骨や真昼少女の魂消る声
 
 

286回投句

 投稿者:まり  投稿日:2017年 6月23日(金)12時33分19秒
編集済
  残照をとどめる琵琶湖夏料理

青田風農家に尽きる道ひとつ

ポストから湿ったチラシ梅雨の蝶
 

285回選句

 投稿者:まり  投稿日:2017年 6月22日(木)23時18分8秒
  〇万緑や玉砂利光る神の庭

〇砂を這う波に追わせる素足かな

〇南風や砂丘駆け下り日本海

◎椋鳥の犇めく欅梅雨に入る
わが町の駅前の欅もこういう状態です。与えられた環境でたくましく生き、潔く死んでゆく。潔くないのは人間だけでしょう。
 

第285回麦っ子選句

 投稿者:こがめ  投稿日:2017年 6月22日(木)20時20分26秒
  〇蛍火の水影揺らす鯉の鰭

〇砂を這う波に追わせる素足かな

〇黒南風や砂丘駆け下り日本海

◎ 絵茶碗の唐子跳びはね喜雨となる

 

第286回麦っこ投句

 投稿者:こがめ  投稿日:2017年 6月22日(木)20時02分14秒
  母の忌や山菜多き夏料理

無精髭の青年の頬汗光る

スケッチする耳をぱたぱた夏の象
 

286投句

 投稿者:ジュピター  投稿日:2017年 6月20日(火)17時47分9秒
   声高な女の愚痴や夏料理

 夏館青のピカソの肖像画

 赤札に埋もれ旱の不動尊
 

285選句

 投稿者:ジュピター  投稿日:2017年 6月20日(火)17時41分4秒
    ◎絵茶碗の唐子跳びはね喜雨となる
   細部への目配りが素晴らしいと思います。
  〇砂を這う波に追わせる素足かな
  〇蛍狩り旗持つガイド出羽訛り
 

麦っこ 285 選句

 投稿者:太郎  投稿日:2017年 6月20日(火)15時03分46秒
  「砂」
○万緑や玉砂利光る神の庭
○黒南風や砂丘駆け下り日本海

「雑詠」
○椋鳥の犇めく欅梅雨に入る
◎絵茶碗の唐子跳びはね喜雨となる
 陶器の文様として用いられる唐子の愛らしい姿は誰もが見ていよう。絵茶碗は、飯茶碗にもあるが茶器と考えることにしよう。呉須のもいいが、ここは彩色のものがよい。文様の唐子は、ほとんどが遊戯の姿で軽快に飛び跳ねている。折から旱続きであったところに、待ちに待った雨である。人はもちろん、作物や植物にも喜びを与える雨である。飛び跳ねる唐子と救いの雨との取り合わせはまことによいものである。
 

285回投句一覧

 投稿者:まり  投稿日:2017年 6月19日(月)23時16分50秒
  「蛍」
蛍火の明滅闇が薄くなる
手を取って渡る木の橋蛍籠
兄妹の声をひそめる蛍籠
蛍狩旗持つガイド出羽訛り
蛍火の水影揺らす鯉の鰭

「砂」
万緑や玉砂利光る神の庭
砂を這う波に追わせる素足かな
黒南風や砂丘駆け下り日本海
夏深し縄文土器の白き砂
足裏に太平洋の砂南風

「雑詠」
五月晴塩飴足せる旅鞄
椋鳥の犇めく欅梅雨に入る
太宰忌の津軽訛の運転手
絵茶碗の唐子跳びはね喜雨となる
梔子や勝手口より猫二匹


遅刻参加してください。
 

285回投句

 投稿者:まり  投稿日:2017年 6月19日(月)09時41分25秒
  蛍火の明滅闇が薄くなる

足裏に太平洋の砂南風

絵茶碗の唐子跳びはね喜雨となる


怒涛のごとき一週間でした。喜雨の後の今朝はさわやかです。
花まつりで頂いた朝顔の種、10日ほど前からベランダで咲き続けています。
こぼれ種からの風船蔓と瓢箪とともに。
 

レンタル掲示板
/517