投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今日のひと言97「二刀流」

 投稿者:上サンメール  投稿日:2017年12月12日(火)12時09分26秒
返信・引用 編集済
  宮本武蔵、1582年(信長本能寺に死す)岡山・美作に生まれる。
剣術流派「二刀流兵法」を編み出す。だが、武蔵は二刀流で戦った史実はないという。

その流儀は「戦闘中のあらゆる場面を想定して、片手でも振れるように、腕力、身のこなし、刀術を鍛練するべし」というもの。

313年後1895年、米国メリーランド州、ジョージ・ハーマン・ルース誕生、
19才の時、レッドソックスに入団した。ルースは生れてはじめて見たホテルのエレベーターで遊んでいて、首の骨を折りそうになった。監督やチームメイトにさんざん怒られ「お前は本当に赤ん坊だなー」と世間知らずをからかわれる。

ついたニックネームが赤ん坊「ベーブ」。ベーブルースの名の由来。
1918年23才のとき、その赤ん坊ベーブが投手で13勝7敗、打った本塁打が11本。メジャー唯一の2ケタ勝利、本塁打だという。

100年後の1994年、岩手県奥州市。大谷翔平誕生。奇しくも大谷翔平23才、エンゼルス入団。
ベーブ・オオタニ果たして名実ともに「優勝・二刀流天使」になるのだろうか。
 

今日のひと言96「余命」

 投稿者:上サンメール  投稿日:2017年12月10日(日)10時46分52秒
返信・引用 編集済
   医師が「余命〇○年」と家族に伝えることがある。

ではこの「余命〇○」という期間はどういう意味のことか、余命1年といえば後1年ということか?

答えはNO。医師の言う「余命」とは患者の残りの寿命を指すわけではなく、その病気の「生存期間中央値」というものである。

では「生存期間中央値」とは?、その病気にかかった患者の「全体数の半数が死亡するまでの期間」である。例えば100人の患者群のうち50人目が亡くなった時点(期間)のこと。

具体的にいうと、「余命2年半」と言われたら「半分が余命2年半で亡くなり、他の人はもっと生きる」ということ。
要するに、余命いくらと言われても、半分はそうかもしれないが、そうでなくもっと生きてる人はいるんですよ、との意味である

医師は「あと1年は大丈夫です」といっておいて3ヶ月で亡くなったら医師としての立場がないわけで、安全策として「余命」を言うのだという。
医師はがんなどの各ステージでの「生存期間中央値」データーに基づいているだけ、ということか。

こう考えれば、余命〇〇と言われても「ああそうですか、それは平均的余命ね、私、違うから」と前向きにとらえればいいということのようだ。

風来さん、医者に言われないうちは、その時まで安心して生きられる、ということですね(笑)
のんびりゆきましょうや。
 

人生は引き算か?

 投稿者:風来坊  投稿日:2017年12月 9日(土)23時25分51秒
返信・引用
   人生は「足し算だ」と思って生きて来た。だから日々の積み重ねで勝負は決まると思い努力して来た積りだが、
最近、そうではなく人生は「引き算」ではないかと思い始めている。

 十二月に入り、日々喪中のハガキが届くと更にその思いは強くなる。
届いた一枚一枚のハガキを掌にして、その方々の人生を勝手に想像し思い浮かべる。
「天寿を全うされた」とか「まだまだ若いよ」とか。又、差出人を考えると、親、兄弟姉妹だとまだしも、妻子に至っては慰める言葉さえ浮かばない。
子供達も独立し、老後を穏やかに暮らそうとしている最中に、先立たれ残された身としては如何していいか?
しばらく続いたであろう人生の絶頂期に、とてつもない大きな打撃を受け大きなマイナスだ。
とにかく「頑張って欲しい」としか言えない。
 

球界(明)角界(暗)

 投稿者:風来坊  投稿日:2017年12月 7日(木)13時59分31秒
返信・引用 編集済
   【上さん】へ
 先日は、腰部脊柱管狭窄症にかんする、専門医のアドバイス~治療法に至るまでの資料をお送り頂きまして、
誠に有難うございました。個人メールにしたかったのですが、必要な時に役立たずで開くことも出来ませんので、
掲示板を使って先ずは御礼申し上げます。先程投稿いたしました通り、体がボロボロになって行く様です。
見かけは元気なんですがね・・・・・。

   【暗い話と明るい話】
 とっくに千秋楽が終わったのに、大相撲の土俵の外の大騒ぎは一向にやみそうにない。
冬ごもりに入ったプロ野球界でも、海の向こうから連日ニュースが届く。

 横綱暴行事件はどう決着するのか。投手と打者の「二刀流」大谷選手は何処を新天地に選ぶのか?。
勝負事とは直接関係のない「番外編」が、ファンの注目を集め、ハラハラドキドキワクワクの興奮が続く。

 映画の興行に付きものが「予告編」作品の筋立ては伏せておき、人気俳優の顔をチラチラ見せて「乞うご期待」と人気を煽るが、膿を出すと云う角界の明日はどうなる。二刀流は果たして本場で通用するのか。
角界と球界の今度の予告編は、興奮度抜群である。

 予告編は助監督が選ばれて手掛けるのが通例とか。
出来が良ければ評判になり、前売り券が売れ、監督昇格に繋がる。そんな才能ある助監督が角界球界に居るのか。

 予告編に興奮し、親に観たいとねだったら、決まって言われた。
「予告編だから面白い」。親の言い分がすべて正しいとは今も思わないが、本編を観てガッカリしたことも多い。

 角界問題、球界問題も「大動してネズミ一匹出ず」になるんじゃないかな。
 

すわっ 認知症の始まりか

 投稿者:風来坊  投稿日:2017年12月 7日(木)11時46分2秒
返信・引用
   突然目まいがして、頭の芯がかっと熱くなり一瞬だと思うが目が見えなくなる。常に夢の中にいるみたいだ。
だから今何をしていたのか記憶が飛んでしまっている。していたことが遠い昔であったり、数日前であったり。
昨日は駅前の眼科で眼底検査の予約を入れていたが、不安になったので予約をキャンセルして脳外科に行った。
ガンガン煩いCTスキャンで脳の中身を検査したが、4月に軽い脳梗塞が見つかったが特別変化なしとの事。
『脳内血管もきれいだし、年齢同様の収縮は見られるが年齢相応で心配ない。80歳の脳をしてますよ』だと。
ムカッと来たので「まだ76だ!」と怒鳴ってしまった。カルテを見て『あ、67歳でしたね、私の父と一緒だ』。
「違う76!」。医者と掛け合い漫才みたいなことになったが、最後に『いや~末次さんお若いですね」だと・・。
褒められたのか?馬鹿にされたのか?さっぱりわからんが、最後に医師と看護師が丁寧に見送ってくれた。

 吾輩の「お薬手帳」をみて、薬の影響ではないかと思う。『そう言われたけど・・・』と処方箋を出している
狭心症と腰痛の先生に相談してみてください。だと だとしたら 薬は怖いよ~。

 歳を重ねると丸くなるとか気が長くなるとか言いますが、我輩は益々尖がって来た。
そのうちに落語に出て来る町の「煩い爺さん」になり、人が相手にしなくなりそう。お~怖っ。
 

自由過ぎる日本

 投稿者:ヘルメット  投稿日:2017年12月 6日(水)19時42分47秒
返信・引用
   我輩は自分で体験した事以外には全く無関心(無口外)です。しかし、日馬富士問題を強いて言うなら稽古土俵上で無かったから問題です。普通プロは凡人から見て雲上人です。ゴルフやダンスを通じて実感します。それ故プロを軽やかに云々する気にならない。それ程プロは技術的にも人間的にも雲上人です。
増して各分野のトップに達する人は自然に出来上がる付属品でしょう。
日馬富士を引退、当時横綱に推薦した審議委員のメンバーも責任を取るべきだと思います。
 

ガッカリ

 投稿者:ヘルメット  投稿日:2017年12月 3日(日)22時14分49秒
返信・引用
   一時間掛けて作文していたのに全部消えた。ガッカリ!!又明日  

同感

 投稿者:上サンメール  投稿日:2017年12月 3日(日)09時15分40秒
返信・引用 編集済
  風来防さん、よくぞ言った、まったく同感。

そもそも、相撲の世界は朝の4時、5時から土にまみれ、竹刀でひっぱかれ、ぶち当たり這いつくばって5時間も稽古、終わったら兄弟子らのちゃんこが食べ終わるまで立ったまま、やっと食べる時間に鍋底まで平らげる。こう言うとなんだが、牛馬みたいに食って食って食いまくる、太ることのみが命。

そんななかで人格とか品格をどうやって持つか?何百人のなかでつかんだ横綱の位置。しめ縄をつけての土俵入りも権威づけに協会が決めたこと。

勝つか負けるかの世界、人格、品格そんなもんで相撲とれるか、引退すればただの親方、ただの人、横綱の時だけ求めること自体無理な話、正義面して文句言うの見ていられない。と思うがヘルさんどうですか?
 

品格とは何ぞや?

 投稿者:風来坊  投稿日:2017年12月 2日(土)22時58分52秒
返信・引用 編集済
   朝起きてテレビの前に座ると北朝鮮のミサイル問題、昼に座ると森友、加計問題の攻防、夜は日馬富士暴行問題。

 今日も鳥取県警に呼び出され、最後の事情聴取を日帰りで行い、羽田空港に帰って来た姿は気の毒な気もした。

 少し頭を冷やしてみよう。そもそも30歳そこそこの青年に、品格や心技体の充実を求め続けるのは高すぎる注文ではなかろうか?。
暴力事件で身を引いた横綱の事である。学校の教師が教え子に猥褻を働いたり、警官が酔っ払い運転で事故ったり。政界では流行語になりそうな発言が飛び出したり。
もっと年齢も地位も名誉もあるはずの人物の品格が問われる新聞ネタが毎日のように載る。

 悪口が売り物の国の指導者、失言が止まない政治家、不祥事に右往左往する経営者、いい歳をした大人でも不始末をしでかす。

 横綱の権威を汚したと批判された。尤もな事だが立派な建て前論が噴出するたびに思い出すが、自分を高い棚に上げた正論は何処まで人の心を打つだろう。

 暴力沙汰は論外である。が、「若気の至りの罪一等を減ず、但し二度目は無い」と、我が胸に手を当てて拙論する声が、なぜもっと出てこないのかとおもう。

 大相撲ファンにも立派な品格が求められるのなら、我輩もクビである。
 

今日のひと言95「菊」

 投稿者:上サンメール  投稿日:2017年12月 2日(土)16時11分53秒
返信・引用 編集済
  樹や花の話題になるとNAIAGARA師匠、近頃いかがお過ごしか。

秋といえば花は菊の花。
昨日天皇退位と即位の日取りが決められた。
下々ではお祝い事となれば羽織、袴が正装、その羽織には前後五つ所に家紋が印される。

天皇家の家紋は菊紋で「菊花紋章」といわれ「十六八重表菊」とも呼ばれている。
明治2年、天皇のみしか使用できない家紋として認定されている。

もともと、平安時代、菊をこよなく愛でた後鳥羽上皇が調度品に菊の紋を使用し、そこから天皇家の御紋として使用された由来という。

時は移り、戦国時代「戦果を挙げた武将へ褒章として菊紋が下賜される」ことが行われ、特に豊臣秀は大いに喜びあらゆる調度品に使用し誇りとした。

明治維新後、西郷隆盛の功労を多とし、明治天皇は「南洲菊」という家紋を下賜された。
だが、西郷亡き後、西郷家は恐れ多いことということから「三つ葉菊」という家紋を使用しているとのことである。
                                            (PC記載)

下々のまたその下の私めなど、カラオケで杉良太郎の「~~その朝 おまえは野菊のように 道のほとりに 咲いたらいい~~」と歌うのみである。
 

人生裏表

 投稿者:風来坊  投稿日:2017年12月 1日(金)11時09分3秒
返信・引用 編集済
   早っもう師走を迎えた。北朝鮮ミサイル発射や日馬富士問題で、国内外落ち着かない空気が流れている昨今です。

 少し古い話だが、今年もドラフト会議で指名を受けた新入団式が各球団華々しく行われた。
話題の中心はやはり怪物清宮幸太郎選手で、背番号問題も色々あったが21番に決まった。
高校新記録111号で11番にして欲しかったが、大谷がまだ行き先が決まっていないので11番は無理だった。
清宮の影に隠れてはいたが、もう一人6位指名で東大の宮台康平投手、東大から6人目のプロ野球選手が入団した。
東京六大学リーグで6勝13敗、球速150k、3年生時大学オールジャパンにも選抜されたことも付け加えよう。

 話は遠い昔、プロ野球の長嶋茂雄さんが現役を引退した時、そのセレモニーなどをレコードにする権利を巡り、
多くの会社が争奪戦を展開した。そのうち1社の社員が長嶋さんに会って言った。『他の人よりもしかしたら僕が売る方がいいかもしれない』

 長嶋さん同様、大型三塁手として関西6大学野球で注目され、同じ年に巨人軍に入った難波昭二郎さんである。
活躍できずに数年で球界を去った後、レコード会社の社員になり営業部長に昇格していた。
難波さんは巨人以外のチームなら、即レギュラーポジションを与えられるほどの逸材であった為。
巨人としては阪神中日に入るのを恐れ、保険として無駄に取ったと世間ではもっぱらの話だった。
「君に頼む」と長嶋さんが応じたのは、難波さんの引退後の頑張りを認めたからかもしれない。

 今、晴れやかな新人選手のお披露目を横目に、「戦力外」宣告を受けた選手たちは難波さんのように次の道を探していよう。
3年前、京都大学出身初のプロ野球選手として話題になったロッテの田中英祐投手も球界を去った。
父親は『地獄を見て来い』と息子を送り出したと云う。その言葉通り1軍登板は新人の年の2試合だけで、怪我などに泣いた。「辛い事の方が多かったが、悔いのない日々を送った」。本人はそう振り返る。
 第2の人生を商社マンとして再スタートする。競争の激しいビジネスの世界で『君に頼む』と言わせられるか。
大変だろうが、辛かった回り道も生きるといい。
 

今日のひと言94「酉」

 投稿者:上サンメール  投稿日:2017年11月30日(木)14時31分7秒
返信・引用 編集済
  飲み屋で飲み代18000円のところ20000円渡し、おつりをお女将さんに「ごちそうさま」と置いてゆく。
酉の市で客が熊手を買うのに店に代金を負けさせ、値引きした分を「お祝儀」として渡すことを「粋な買い方」とし店側は「手締め」で応える。

縁起ものの熊手は鷲が獲物をわしづかみすることになぞらえ、その爪を模したものといわれ、福徳をかき集め、わしづかみするという意味だという。

日本武尊が死後に白鳥と化した伝説にちなんで建てられた各地の大鳥神社(または大鷲神社、鷲神社とも)では、11月の酉の日に「酉の市」が立つ。

酉の字はもともと酒壷をかたどった象形文字だったという。それでサンズイへんをつけると「酒」になる。
「酒」は壷からしずくがポタポタと垂れている形を表す。

この「酉」のついている漢字には「酔」や「醸」、「酎」、「醇」「酩酊」「酌」「配」飲んだあとは「醒」める、など酒に関するものが多い。

今日は「三の酉」、本体がどこにあるのかわからぬほど縁起物を飾り付けた熊手を担いだ姿が放映されることだろう。

福徳にはさらさら縁の遠い私めなど、せめて三の酉、お湯割り焼酎の二、三杯をを余分に頂いて縁起を担ごうかと存ずる。

 

後ろ姿

 投稿者:風来坊  投稿日:2017年11月28日(火)22時37分27秒
返信・引用 編集済
   三寒四温が早春の季語なら、三暖四寒は初冬の季語か?(そんなの無いよ)。でも最近の天候はそう感じるね。
小春日和の暖かさにつられて、何かを求めて隣町の八王子へ出掛けた。ブラブラしながらウインドーショッピング。
5~6軒目に骨董店に入り、骨董の展示にも季節があることを知った。
色紙に「うしろ姿のしぐれていくか山頭火」とある。味のある筆跡に魅かれた。

「後ろ姿」と「しぐれ」の二つの要素しか使われていない。それでこれだけの世界を描くのである。
作った種田山頭火がすごいのか、俳句という文芸がそもそも奥深いものなのか。

「人の心は後ろ姿に現れる」と言った俳人もいる。明るい表通りで元気そうに胸を張って歩いていても、独りで帰る道では背中に人生の影が浮かぶと云うのである。

 日曜日の「新婚さんいらっしゃい」という番組で耳にした話だが、「彼のどこに魅かれたの」と聞かれたら、
新婦が言った、デートが終わってサヨナラしても『この人は絶対に振り返らないの・・・』と変な所にシビレてしまったと笑わせた。後姿も色々で、今日の暖かさも足早に去り明後日は寒さがぶり返す。
もうすぐ師走。2017年、平成29年の「後ろ姿」が見えてくる。
 

写真

 投稿者:上サンメール  投稿日:2017年11月28日(火)08時03分23秒
返信・引用 編集済
   今朝のテレビ朝日のニュース。
モンゴル出身元小結の旭鷲山は「関係者から送られてきた」という貴ノ岩のものと思われる頭の傷跡の写真を公開した、ということでその写真が出た。

「100%といわないが99%貴ノ岩の傷跡だろう」と旭鷲山は述べている。
その写真は医療用ホチキスで9針縫った生々しいもの。まさに紙類を止めるホチキスで留めたように9本のホチキス針で縫合している。

26日記載の東京女子医大の桜井教授が見たら「大きな病院外では、このような手術がまだ行われているのでしょうね」とつぶやくことだろう。

今度の事件、自分の部屋ならいざしらず、単にモンゴル出身、横綱だからということだけでよその部屋の力士を傷つけたということ。今どき、自分の子供に暴力を働いても、それだけで罪を問われる日本。

理由はなんであれ、人を傷つけたらそれだけでアウト。この写真が本物なら半端な暴力でないことは明白だ。

ついでに、千秋楽で白鵬が万歳三唱したことをとやかく取り上げている。
映像を観ると、白鵬の三唱に合わせ、すべての観客が一緒に、満面の笑みを浮かべて万歳している。

白鵬が悪いと言うならあの観客をいかに評するのですか、観客も悪いと言いますか、横審委員長の北村サン。
 

今日の一句

 投稿者:風来坊  投稿日:2017年11月26日(日)23時04分42秒
返信・引用
    きょうは11月26日。語呂合わせで「いい風呂」の日だそうで、
故郷二月田の殿様湯の写真を掲載しようと努力しましたが、始まったみたいで完全に手順を忘れてしまった。
2年前に撮った高幡不動尊の紅葉を載せます。悪しからずご了承ください。

     障子しめて 四方(よも)の紅葉を 感じをり  星野立子
       季語:モミジ(カエデ科) 花言葉:遠慮

  しばらく庭の紅葉を楽しんだのだろう。室内に入り障子を締め切った後も、
  四方を囲む紅葉の色が白い障子に透けて浮かんでくるようだ。
 

今日のひと言93「10針」

 投稿者:上サンメール  投稿日:2017年11月26日(日)11時36分24秒
返信・引用
  体を覆う皮膚は様々な方向から引っ張られているので、負傷して切れた段階から傷は広がろうとしている。

この為、以前の外科医の縫合術は太くしっかりした糸で下層の組織まで強くしばり縫い合せるのが一般的だった。
この方法であったため、毎日消毒のための通院や抜糸の時は痛く、そしてなによりも傷後や糸の痕も残ってしまい「何針縫った」とかいう表現になった。

今はそうではない。
現在の外科医は微細な糸で表面の縫合部分をピタリと合わせ、下層の組織も別な特殊な糸(後で自然分解される)を使って縫い合わせている。
結果、通院不要、4日~7日で抜糸、傷痕糸痕も残らない。

貴ノ岩が10針ほど塗ったとかの話が伝わっているようだが、そのような表現は今どきの医師は使わないだろう。
と、東京女子医大の形成外科医 櫻井裕之教授はコラムで述べている。
 

正月準備

 投稿者:ヘルメット  投稿日:2017年11月25日(土)16時35分25秒
返信・引用
   16時05分テレビでは指宿枕崎線の放送をしている。今生見駅に停車!感激です。数秒後宮ヶ浜駅、坂本のいもあめ屋サンです。大山酒造の焼酎工場を放映中。
 上サンのひと言92は彼の先を読む先天的才能か?
我輩は今日はダンスを休んで庭木の剪定作業だった。半分片付けて御終い。
上サン!!我輩が酒を呑めるのは生放送が無いからだろう。
庭木がさっぱりして正月いつでもOKです。
  
 

今日のひと言92「老酒」

 投稿者:上サンメール  投稿日:2017年11月25日(土)15時27分40秒
返信・引用 編集済
  老酒、ラオチューともいう。中国の代表的な酒。もち米、トウモロコシ、粟などが原料。通常「紹興酒」で馴染みが深い。中華料理にこれほど合う酒は他にない。

なぜ紹興酒と言うのか。中国浙江州の商業都市(今は)紹興で2000年前から醸造されていることが酒名の由来。紹興は有名な魯迅の生地だそうだ。

老酒の意味は上のようなことだが、なぜか最近酒量が落ちた感がある。
その理由が判明した。

その原因の二つ三つ。
その一、肝臓の劣化。酒を処理するのは肝臓の役目だが、言いたくないが加齢によりその機能が落ち、アルコールを分解するスピードが遅くなる。
するとアルコールの血中濃度が高くなり、今夜はもういいや!となるわけだ。

その二、体内の水分量の低下、人間の体内の水分比率は赤ん坊で80%。またまた、加齢で水分比率は下がってゆき50%台となるのだそうだ。なぜ下がるのか、だんだん筋肉が減って体脂肪が増えがち、そのせいで水分量が減ってしまうという。

アルコールは水分の中に溶ける、水分が少なくなると溶かせず、その結果血中のアルコール濃度が高くなりやすい。

他に服薬も影響するらしいが、もっと酒量が落ちる理由。
「飲むのをいい加減にしたら、身体壊すわよ」という女性アナウンス。これがテレビでなくすぐ脇での生声。
つい3杯目が飲みづらくなる・・・から。

日ごろのゴルフ、ダンスで体脂肪が増えず、水分量も豊富なヘルさんが依然酒に強い理由がこれで分かった。
 

新嘗祭(にいなめさい)

 投稿者:風来坊  投稿日:2017年11月24日(金)11時35分25秒
返信・引用 編集済
   きのう23日は勤労感謝の日。街を走っていると日章旗がポツンポツンと立てられて、心温まる思いがした。
戦前までは「新嘗祭(にいなめさい)」として知られた日だ。旧暦の11月は冬至にも近く「一陽来復」の願いを込めた日でもあった。
新嘗祭は秋の収穫を神に感謝する祭りで、数ある宮中祭事の中でも最重要視されている。
天皇が代替わりした年の新嘗祭は「大嘗祭(だいじょうさい)」と特別に呼ばれている事でも分かる。天皇と神が同じ部屋にこもって食事をする形が大切にされて来た。  季語・歳時記から

 この時、我輩の記憶が正しければ、揖宿郡指宿町大牟礼東の一角に「湯の道」と云う小さな集落(部落)があった。
そこでこの日の夜、収穫に感謝しての祭りがあったが、これが変わっていて何処かの墓石から尖った頭部の石を借りて来て、荒縄を四方八方に広がる様につけ、小学校3年生~中学1年までの男子達が、部落の三叉路という三叉路で、縄を引っ張り合ってドスンドスンと衝いて回った。今、教育委員会が聞いたら目ん玉を飛び出して怒るような囃子言葉を、暗闇の中で賑やかに囃し立てたものでした。
(^^♪)今夜ん晩は恐ろし晩よ キンネ(狐)がマッチを持ってオッカサンのボO0毛をやっきった(焼き切った)。
二、二二五どんのキ000は何斤どまあっどかい。 五斤どまあっどかい。
・・・(忘れた)・・・多良(魚見岳)ん崖から赤ケツ(赤い尻)さいでた(差し出した)。(^^♪)
これを記憶する人も湯の道部落にももう少なくなったでしょうね。

 天皇制は政治の表舞台や宮中の奥深い所だけでなく、地方の素朴な伝統とともに継承されて来た。
新元号での「大嘗祭(だいじょうさい)」が2年後の昨日行われることは見えて来た。
我が「湯の道」部落の祭りは、少々品位に欠けるが、古い伝統として復活させてもらいたいものだ。
少子化で子供達も縄を引っ張るだけ集まらないか?。
 

濡れ落ち葉

 投稿者:風来坊  投稿日:2017年11月23日(木)10時57分52秒
返信・引用
   昨日は「いい夫婦の日」今日は朝から雨だ。晴耕雨読?午後1時から俳句会に出かける。何点取れるか楽しみだ。

 紅葉は目を楽しませてくれるが、落ち葉となるともの悲しくなる。それが露や雨に濡れると、哀れを催す。
そんな濡れ落ち葉が目につく頃になると、冬支度も本番になる。何をさておいても手袋と襟巻き。
街を行く若者もマフラー姿が増えた。色も巻き方も様々でおしゃれのセンスに感心する。

 当方は短い首に巻き付けて寒さをしのぐが目的の襟巻き。武骨で短い首におしゃれのマフラーは似合わない。
精々アントニオ猪木並みに首から腰までぶら下げる位が関の山。歳の差を痛感させられる防寒の装いである。
今、「時の人」になった貴乃花親方だが、パーマネント頭にサングラス、長いマフラーを首から下げて格好いいか?
あれじゃ防寒じゃなく暴漢にしか見えない。信念を貫き通すのは尊敬に値するが、・・・・ね。

 マフラー姿で若者達は道の落ち葉を軽やかに蹴散らしてゆく。
襟巻き姿の足元には濡れた落ち葉がまとわりつく。そう云えば掃いても掃いても始末に負えない濡れ落ち葉を、厄介な亭主族に例えた口の達者な評論家が居た。
云い得て妙な悪口として流行語になったが、花も実もある半生を過ごした揚句の濡れ落ち葉扱いに、怒りの拳を震わせた男たちもいたはずだ。

 濡れ落ち葉あなどるべからず。足を取られてひどい目に遭いかねない。男の無念さが宿っているのなら尚の事。
心して落ち葉の道を歩まねばなるまい転ばない様に・・ナンマンダーナンマンダ・・・。
 

年金 続き

 投稿者:上サンメール  投稿日:2017年11月23日(木)10時22分0秒
返信・引用 編集済
  間違いなくビルの5階に基金本部事務所はあった。
女性担当者は誠に丁寧な応対だった。

私の質問や経過を聞き取り、すぐ調べることになった。待つこと1時間弱、結果は電話での回答通り年金未払いであることが確認された。
未払いの原因は会社が退職時に請求してなかったからでないかということだった。

どの程度の支給になるか概略説明があった。今後の年金加算が1回で4万円弱、これまでの未払金280万円が来年2月に支給される予定ということになった。

 それで、私も彼と一緒の会社だったがどうだろう?と聞くと調べましょう、ということになった。今度は早く30分ほどで判明した。

結果は加入期間が1年2ヶ月のため年金加算が1回に1万円、退職後年数に合わせた未払い金が70万円弱支払われるとのこと。私も彼も自分たちの給与からこのような年金基金に加入していることは知らなかった。

この「全国電子情報技術産業厚生年金基金」は来年3月に解散するという。
では今回請求手続きせずそのままだったどうなったんですか?と聞いたら、受給者不明分として国庫へ納めます、とのこと、すなわち没収!
あのまま問合せもせず放っていたら国に納めることになるところだった。

二人してなんか宝くじに当たったような気分(いままで一度も経験なしだが)で基金事務所を後にした。
 

今日のひと言91「年金」

 投稿者:上サンメール  投稿日:2017年11月22日(水)10時36分50秒
返信・引用 編集済
   長野時代の同僚友人、介護が必要となり介護施設へ入居させた。独り身のため引受人となり3年となるが、長野は遠いので近くの施設へ転居してもらっている。

郵便物なども全て私が開封し処理している。その中に「全国電子情報技術産業厚生年金基金」という所から大型封筒が届き「基金だより」という冊子が入っていた。

彼にはそんな名目の基金からの年金はない。だが明白に彼あてである。その封筒には年金だよりという冊子の他は何も入っていない。

だが待てよ、と思いその年金事務所へ問合せ電話した。
すると、なんと年金手続きが漏れていて支給がされていない、ついては所定の手続きをしてもらいたい、過去にさかのぼってお支払いすることになるだろう、とのこと。

本人が行けないと言うと、代理で来て欲しいというわけで午後出向くことになった。

さてどれほどの期間、どの程度年金支給になるのか全く分からないが、よくニュースで年金漏れ調査などと聞いていたがわが身の近くで起きるとは思いもしなかった。

彼には教えると発作を起こしそうなので結果が出た時点で喜んで貰うことにしたいが、雀の涙でも高い介護施設料金の一助になれば助かる話である。

先日の架空請求の反対の話になるし、また還付金交付とかの詐欺話もあることから周辺を調べてみたが、電子機器業界の年金基金であることは明白のようだ。結果はまた広場報告したいと思う。
 

手をつなごう

 投稿者:風来坊  投稿日:2017年11月20日(月)14時48分2秒
返信・引用 編集済
   昨夜のクイズ東大王の問題で、「〇〇は残酷であるが、〇はやさしい」。〇の中に漢字を入れよ。が出たが、
〇の中の漢字は「人」で、「人人は残酷だが人は優しい」となる。ごく優しい問題だと思った。
確かに人間が烏合の衆になると、暴動が起きて殺戮が行われた事が、過去にも幾つもの例がある。
 また、人は「手をつなぐ動物」でもある。お互いに助け励まし合う話に感涙する事も度々ある。
世界中の人が手をつなぎ合えば、諸々の問題は一挙に解決できる筈だ。世界中の紛争も一挙に解決しよう。

 例えば、孫と手をつなぐ、孫はママと手をつなぐ、そのママが小さい頃は父親と手をつないでいた。しかし、いつ頃からか手を離すようになる。
 父や母の手を離した子供たちはすぐに成長して好きな人と手をつなぐ。やがてカップルが生まれ、熱く手をつないでいた新婚さんも、数年後には手をつなぐのを忘れる。が、年を経た老夫婦はまた手をつなぐ、お互いに転ばない為の杖がわり。そして最後に孫の手に戻る。
これを命の年輪と云えばオーバーだろうか。これ程手をつなぐことの好きな人が何故いがみ合うのだろう。
 年齢とともに手をつなぐ相手が変わるのは、恋の進化に似ていると云った人がいる。
愛が恋になり、恋は優しさになり、恋は思いやりになる。そう言われてみれば、繋いだ掌がじっとり汗をかいた日もあったのが懐かしいのは我輩ばかりではあるまい。
落ち葉がしきりと舞う晩秋の公園。遊ぶ親子を見ながらそんなことを考えていたのである。
若い両親と両手を繋いでブランブランしながら歩いていく子の姿は平和の象徴だ。
 

今日のひと言91「架空請求」

 投稿者:上サンメール  投稿日:2017年11月17日(金)10時01分34秒
返信・引用 編集済
  最近「訴訟が提起された」などど書かれたハガキを送り付け、訴訟の取り下げ名目で現金をだまし取る架空請求詐欺が横行しているという。

ハガキの表題は「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」などと記され、文面には「貴方に未納料金に関する訴訟が提起された」「期限までに電話番号に連絡を取らないと、財産を差し押さえる」などと記載されているのが共通点。

ハガキの差出人は「国民訴訟通達管理センター」とか「民事再生管理センター」「法務省管轄支局」などもっともらしい名称だが全て実在しない。

驚いて問合せすると「弁護士」や「原告側の会社」と称する電話番号に連絡を取らされた結果、現金を振り込ませだまし取る手口だ。

ひところの電子メールや家庭電話、携帯電話を使った詐欺手口から、古い手口の郵便による詐欺が目立ってきたようだ。
ともあれ、結論的には一切無視することが肝要だ。
                                                       -朝日新聞ー
 

馬の縁

 投稿者:風来坊  投稿日:2017年11月16日(木)22時08分30秒
返信・引用 編集済
   昨日「今日は何の日」を検索したら、坂本龍馬の150回忌で生誕1892年の日でもある。
龍馬は命日と誕生日が同じでこれを「生没同日」と言うそうだ。1/365の確立になる。

 歴史上の人物は無くなった日が記憶され、生まれた日より優先されるのである。
死ぬ日は自分の歩いた延長線上にあって、意思が込められた日である。
だから亡くなった日なのに、命の一文字を付けて「命日」と呼ぶのかと勝手に思い込んでいる。

 一方誕生日は親が決めた事、自分ではどうしようも出来ない。だから「命日」に一歩譲るのだろうか。
これも自己流の解釈だが、人生は始まりより終わりが大事な事と思うのである。「終わり良ければ総て良し」と。

 今、相撲界で大問題が発生している。安馬関から横綱になった日馬富士が同じモンゴル出身の貴の巌関殴打事件。
よく分からないが、おそらく引退まで発展しそうな雲行きである。
大相撲界では頂点の横綱に昇進した弟子に「辞める時はきっぱり辞めような」との言葉を贈った親方がいた。
横綱になるのは素晴らしい始まりの瞬間だが、力士にとっては「終り」の方がもっと大事な事だと云ったのである。
最後は横綱らしく自分で決めろと云う事だ。

 こんな不祥事の例えに維新の英傑を引っ張り出して申し訳ない。
馬の一字が重なったせいで、こんな話になったのである。
 

今日の二ヶ領用水

 投稿者:蔵さん  投稿日:2017年11月16日(木)18時27分24秒
返信・引用
  今日の二ヶ領用水、今年のイチョウの紅葉は例年より早い。
写真丸くしてみました。
 

人間模様199つづき

 投稿者:上サンメール  投稿日:2017年11月15日(水)11時12分5秒
返信・引用 編集済
                  西郷南洲翁逗留の家

 征韓論に敗れた南洲翁が鰻温泉を訪れたのは明治7年1月の末、供と猟犬をつれてこの福村市左衛門方に逗留した。毎日狩猟に出かけ夜は読書をし、雨の日は村の子供達と遊んだという。
佐賀の乱に敗れた江藤新平が訪れ、大義に生きる翁と、国を憂い激論したといわれる。福村家には翁が愛用したシャツが家宝としてのこされている
                        昭和52年9月 山川町観光協会

 鰻池温泉の一角にこの観光表示板が立っている。ただ文中の福村市左衛門の家は今は無い。

 そしてまたこの福村家は我らが同窓生中野訓君の実母の実家だという。とすれば市左衛門は彼の曽祖父ということになる。

中野君が中国桂林のホテル社長であった時の10年前,桂林旅行で同窓生23名がお世話になった。今指宿で来日中国人観光客のボランティアガイドとして活躍している。

西郷翁がこの鰻池温泉に逗留したことは西南戦争前の一つの歴史的エピソードである。
ただ一つ時の山川町の観光協会に物申せば,西郷は「征韓」ということばは、ただの一度も口にしたことも、書いた物も一切見当たらないということだ。

西郷は「遣韓大使」という政治的発言をしたが、朝鮮征伐を意味する「征韓」は決して言ってなく、全く征韓の意図はなかったという事実である。あくまでも友好的政治交渉役を願っていたという。

日本と中国、朝鮮三国が攻守同盟を結び、欧米各国からの侵略を防ごうとすることを意図し、その交渉のため遣韓大使を望んだが退けられた、というのが真相だと歴史家は述べている。

大河ドラマで作家の林真理子がどのようなとらえ方をするのか、興味あることである。
 

人間模様199

 投稿者:上サンメール  投稿日:2017年11月14日(火)09時40分3秒
返信・引用 編集済
  女性13名 男性10名総勢23名、この数年のなかで最も多い参加となった。

 それぞれに元気に生きている。
 所は秀吉の正室北の政所(ねね=高台院)が秀吉の冥福を祈って建立した京都東山の高台寺。
そのあまりに有名な高台寺で9月2日から一ヶ月半「画侠展」を開いたバロン吉元巨匠。

13日から16日まで「四国八十八ケ所霊場巡拝」に行くという鎌倉、笹塚、横浜3人姐御。さすがに歩いての巡礼はむつかしく4日間のバスツアーという。

6日に高齢者運転試験を終えて福岡から参じた下園姉さん、その試験100点取った、今年1000名近くの受験者のうち、100点満点は3人目と試験官に言われたと、高い鼻を一段と高くして話す。

週3回は卓球に汗を流し、近く代表選手で試合に出るという千葉習志野の八巻お嬢。

愛息が超有名な商社の重要ポストを退職し、親父の後を引き継ぎ社業に専念すると言われ安堵するボッカイの良か人氏。久しぶりの出席。

世界の車は電気自動車へ舵をきりつつあるなか、その最重要な電池の溶接に欠かせない精密溶接装置製造会社トップの蔵さん。蔵さん独自の開発装置が今や光輝く時代を制する。

今回が第42回同窓会、会長になって早6年。この人ありて我が会は継続されるドン亀さん。

来年の大河ドラマ西郷どんを大宣伝口上を述べる元NHKマン王子田万年青年。

人間には水が最も大事な代物、我らが同窓会、そしてこの広場の創設、井戸を掘り今に続く水流を築いた風来坊さん。年末ごろの広場を見た人の回数は164,000回になることだろう。
感謝のひと言に尽きる。

同窓会のあくる日、ネットオークションで落札したスバルの絶版車を静岡から運転して帰ったヘルメットさん、ゴルフ優勝といい若者に引けを取らない情熱を持ち続けている、驚嘆のひと言。

夏の高校甲子園野球、けがのためやむなく三塁コーチに立って映像に出なかったが、それでも唯一の甲子園組の孫を持つ肥後の守。行く末はプロなるや、期待大なる存在。

かくいう私めは、般若心経写経1000日を目指し目下連続690日目、まだまだ遠い成就の日。

字面もオーバー気味。まだまだ紹介したい人間模様あれどいずれまた。

 

物忘れは怖くない

 投稿者:風来坊  投稿日:2017年11月13日(月)23時16分8秒
返信・引用 編集済
   11日の同窓会にご参加の皆さんご苦労様でした。開催日を多数決で決めようと云うのには些かムカッと来た。
発足時に時さん、下川床勝っちゃんの3人で、開催日だけは11月3日に拘って決め、以来永々と守って来た。
11月3日と云えば、東京近郊の同級生は文化の日は忘れても「同窓会」は忘れてはいない筈だ。
3年前?今回だけと云う条件を出され、同窓会を変更したのが悪かったのかな?。
「おはら祭」に行くなとは言わない。どんどん参加すべきです。「東京では同窓会、鹿児島ではおはら祭」でいいじゃないですか。
 以前チー坊が皆さんには「法事」と称して「おはら祭」に参加したことがありました。
別に遠慮する事は無いのに、和が乱れるからと云う彼女の心配りだったと思います。
40数年も続いて来た事実はこの辺に在るのではないでしょうか?。中国では「井戸を掘った人は永遠に忘れない」と云う。
我輩は皆の中に居るのでまだ良いが、時さんや勝っちゃんの気持ちを思えば、多数決で決めようと云う前に、何か相談があっても良いのではないかと思ったのです。
 現在まだ仕事を続けている人もいます。長年の習慣で取引先と11/3を休みにして貰って「同窓会」に参加して来た人もいます。我輩もそうですが、認知症気味の輩も出てきております。だから開催日と場所は変えられないのです。

11月3日は「漫画の日」で【バロン】さんには長年悪いと思いながら続けて来た。毎年何らかのイベントもあり、
途中退席もあったが、それでも彼は休みなく出席してくれた。彼にとっては11/3は漫画の日=同窓会だった。
バロンさんには申し訳ないと今でも思っている。過激になりそうだから次の機会にしよう。

 同窓会が終わって、蔵薗さんが「お茶でも飲もうよ」と云うので、バロン、肥後、義人の5人で喫茶店に行った。
5時まで居たので、目黒雅叙園での「社友会」の5時からの二次会には出席で来た。
珍しい大勢の先輩、同輩、後輩が歩き回れない我輩の所へ話しかけに来てくれた。名前がぱっと出ないで恐縮する。
我輩の特技は営業柄、人の名前と顔を覚えるのは得意中の得意で、初対面の人でも一度会ったら3年はOKだった。

 年齢とともに増える物忘れ。その原因は海馬にある神経細胞の機能低下にあり、まず人の名前が出てこない。
固有名詞は意味のない言葉だから覚えにくいし、忘れても日常生活に支障はない。だから物忘れは固有名詞からだそうだ。家族や親友の名前が出てこないのは問題だが、あまり気にするなと先輩に言われた。

 優先順位の高い記憶が出てこないのは、脳の神経細胞の劣化がかなり進行している証拠で、こうなると認知症の治療が必要だそうだ。
例えば昔の同僚や同級生にばったり会った時は、①顔を見て知っている人だと認識する。②その人にまつわるエピソードを思い出す。③名前を思い出す。この順番で認識するが②③まで辿り着けない場合もある。
逆に「名前を憶えているのに顔が思い出されない」はあり得ない。人は人の名前を忘れても、顔を忘れることは滅多にないそうだ。
「人間は密集して生活する生き物だから、臭覚より視覚で仲間を識別する能力が必要でした。だから進化の過程で、顔を記憶する神経細胞が異常に発達したのだそうです」。
親しい人の顔を忘れるのは、全てを忘れた時だと考えて良いでしょう。

 

 

綿花

 投稿者:朝寝坊  投稿日:2017年11月12日(日)17時10分54秒
返信・引用
  この春植木鉢に割と大きな目が出た ほっていたら芙蓉のような花が咲いた そのうち花が実になり硬くなった なんだろうと思っていたら 実がはじけて白いものが出てきた 綿でした 今収穫していますがくろいたねがおおいです どれくらい集めたら布団ができるだろうかと悩んでいます
師匠一言お願いします。
 

/227